coincheck

FCT買うなら「CoinCheck(コインチェック)」ハッキング事件以来のメリットやデメリットを解説

Coincheck

[yswp_speech_balloon type=”r” name=”ライドくん” image=”https://bitcoin-ride.com/wp-content/uploads/2018/09/Y.jpg”]コインチェックってハッキング事件の後、また再開したけど、もう安全なの?[/yswp_speech_balloon]

[yswp_speech_balloon type=”l” name=”ビットさん” image=”https://bitcoin-ride.com/wp-content/uploads/2018/09/A.jpg”]セキュリティの見直しをしてレベルアップして再開したんじゃ。[/yswp_speech_balloon]

ハッキング被害により評判が落ちてしまったコインチェック。

マネックスの子会社となり経営体制も改善されつつあるも、信頼性に欠けますよね。

「またハッキングされるのではないか」

「事件後の対応がきちんとしてなかった」

しかし、コインチェックは事件以来から、再度取引所として舞い上がるために様々な問題点を改善しています。

当記事では、そんなコインチェック(coincheck)の特徴・メリットデメリット、登録・入金方法、口コミ・評判などを紹介していきます。

最後には口座開設までの案内も書いていきますので、まだ仮想通貨を始めてない人は最後まで要チェックです。

ここにボックスタイトルを入力
  • 初めて仮想通貨取引をする人
  • スマホアプリで簡単に取引がしたい方
  • 楽にクレジットカードでの振込を望んでいる方

coincheck(コインチェック)とは?

コインチェック - ファーストビュー

コインチェックとは、コインチェック株式会社が運営している、仮想通貨取引所です。

アプリ利用者数、取引高とともに元々第一位の取引所でしたが、ハッキング事件で評価は低迷。

その後、買収され、マネックスグループ株式会社の子会社として、セキュリティが強化され、サービスの向上を目指して徐々に再開しています。

運営会社 コインチェック株式会社
設立時期 2012年8月28日
代表取締役社長 勝屋 敏彦
資本金 1億円
公式サイト https://coincheck.com

 

コインチェックの無料口座開設

コインチェックの4つの特徴・メリット

  1. アプリで簡単にチャートの確認や取引が可能。
  2. 銀行振込だけでなくクレジットカードにも対応している。
  3. 種類豊富なアルトコイン!コインチェックにしかない銘柄も
  4. 仮想通貨を貸して報酬ゲットできる「貸仮想通貨サービス(レンディング)」

[yswp_speech_balloon type=”r” name=”ライドくん” image=”https://bitcoin-ride.com/wp-content/uploads/2018/09/Y.jpg”]

コインチェックのメリット特徴をみていくよ!

[/yswp_speech_balloon]

1:アプリで簡単にチャートの確認や取引が可能。

初めて仮想通貨を選ぶ初心者にとって、「取引のしやすさ」「直感的に分かる操作」が重要なポイントになってきます。

コインチェックには専用のスマホアプリがあり、とてもシンプルなので分かりやすく、買いたい数量を入力するだけで売買できる直感的に操作ができます。

他の取引所のアプリでは、コインチェックの操作性には遠く及ばず、コインチェックのアプリが群を抜いています。

たった3タッチと数量入力だけで仮想通貨が購入できるので初心者でも安心して取引が可能です。

2:銀行振込だけでなくクレジットカードにも対応している。

仮想通貨の入金は通常、銀行振込、インターネットバンギングを利用した即時入金の2種類が主流です。

銀行振込では、銀行の営業時間もあり平日だけや、わざわざ足を運んで支払う手間があります。

しかし、コインチェックではクレジットカード決済での入金があるため、スムーズに取引が可能です。

ただし、手数料がかかるため、クレジットカードでビットコインを買うときは、銀行振込で買うときと比較した上で判断しましょう。

3:種類豊富なアルトコイン!コインチェックにしかない銘柄も

コインチェックでは、ビットコインに限らず日本では珍しいアルトコインを取り扱っています。

  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • イーサリアムクラシック(ETC)
  • リスク(LSK)
  • ファクトム(FCT)
  • リップル(XRP)
  • ネム(XEM)
  • ライトコイン(LTC)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)

国内の取引所では数少ない、リップル、ネム、取り扱いをしており、日本でコインチェックでしかファクトムの取り扱いをしていません。

匿名系仮想通貨の取り扱いを停止したことにより、他の仮想通貨銘柄を追加する可能性が高い取引所とも言えます。

今後もコインチェックがまた違った銘柄を追加することも楽しみです。

[memo]ファクトムはブロックチェーンが持つ2つの特徴をうまく利用した仮想通貨です。主にデータを管理するシステムで活躍するブロックチェーンなのです。ファクトムが乗り込もうとしているデータ市場はおよそ16兆円の規模があると言われているので、ファクトムの将来性は非常に高いと言えます。[/memo]

4:仮想通貨を貸して報酬ゲットできる「貸仮想通貨サービス(レンディング)」

貸仮想通貨

コインチェックでは、貸仮想通貨サービス(レンディング)を展開しています。貸仮想通貨サービス(レンディング)とは、あなたが仮想通貨資産を貸した金額と期間に応じて、最大年率5%の報酬を貰えるサービスです。

例えば、1年間(365日)100万円をコインチェックに貸した場合、5万円の報酬を受け取ることが可能です。

ただし、仮想通貨の価格は常に変動するため貸付時と返却時での価格に差がでること、売却や送金がおこなえないなどの注意点を気にしておきましょう。

コインチェックの無料口座開設

コインチェックの惜しいデメリット

ビットコイン以外のスプレッドが高め

主にビットコイン以外の仮想通貨を売買する際の手数料(スプレッド)が海外の取引所と比べると高めです。

常に変動していますが10%ぐらいであることが多いです。

長い期間、最低でも3ヶ月以上の取引を行う予定の方はそこまで気にしなくても良いですが、短期的な取引を行う方にはオススメできません。

短期的に取引を行いたい方は、スプレッドが小さい「ビットバンク」が一番良いでしょう。

業界トップクラス!コインチェックは9種類の通貨を取り扱い

コインチェックが取り扱っている通貨は以下の通り。

  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • イーサリアムクラシック(ETC)
  • リスク(LSK)
  • ファクトム(FCT)
  • リップル(XRP)
  • ネム(XEM)
  • ライトコイン(LTC)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)

ハッキング事件前は、国内最多の13種類の銘柄を取り扱っていましたが、オーガー(REP)、ジーキャッシュ(ZEC)、ダッシュ(DASH)、モネロ(XMR)の取り扱いを停止し、9種類です。

ビットコイン(BTC)イーサリアムクラシック(ETC) ライトコイン(LTC) ビットコインキャッシュ(BCH)の4種類は入金・購入を再開していますが、その他の仮想通貨は調整中です。

ですが、出金・売却は全て可能なので、以前持っていた方はお金は戻ってきます。

過去に国内でトップの人気を誇ったので、今後はさらに通貨を増やしてく将来性はあるでしょう。

一部仮想通貨の取り扱い廃止について
当社は、このほど発生した不正アクセスによる仮想通貨NEMの不正送金に関連し、2018年3月8日、金融庁から資金決済に関する法律第63条の16に基づく業務改善命令を受けました。今回の措置を厳粛かつ真摯に受け止め、深く反省するとともに、内部管理態勢及び経営管理態勢等を抜本的に見直し、顧客保護を徹底した経営戦略の見直し等を進めております。 

この見直しの一環として、今後さらなるAML/CFTの管理態勢の整備・強化が必要となること等を踏まえ、少しでも懸念のある通貨を取扱うことについては、当社として適切ではないと判断し、仮想通貨の特性を踏まえた各種リスクの再検証を実施いたしました。その結果、下記の通貨の取扱いを廃止といたします。

廃止日:2018年6月18日 
詳細内容:Coincheck上における一部対象仮想通貨の売買、入出金、保有、当社への貸し出しの廃止 
対象通貨:XMR、REP、DASH、ZEC

また、リップルの取引で注目されていましたが、今はGMOコインがオススメです。

コインチェックの取引方法「現物取引」「信用取引」

[yswp_speech_balloon type=”r” name=”ビットさん” image=”https://bitcoin-ride.com/wp-content/uploads/2018/09/A.jpg”]

コインチェックでの取引は2種類あるぞ。

[/yswp_speech_balloon]

  • 取引所での現物取引
  • 信用取引

BTC / JPY / ETH / ETCを利用したレバレッジ取引を借りて信用取引が可能です。

最大レバレッジは5倍で、証拠金維持率が 50.0 % を下回ると返済をするために強制決済されます。

投資に慣れていない人は、まずは現物取引で取引に慣れることから始めましょう!

コインチェックの無料口座開設

コインチェックの手数料

[yswp_speech_balloon type=”r” name=”ライドくん” image=”https://bitcoin-ride.com/wp-content/uploads/2018/09/Y.jpg”]手数料は取引所を決めるポイントだからチェックしておこう。 [/yswp_speech_balloon]

取引手数料 無料

項目 手数料
銀行振込 無料(振込手数料は負担)
コンビニ入金 3万円未満 756 円
3万円以上30万円以下 1000 円
クイック入金 3万円未満 756 円
3万円以上50万円未満 1000 円
50万円以上 入金金額×0.108% + 486 円
日本円出金 400 円

入出金手数料

項目 手数料
即時入金 無料
銀行振込 振込手数料
出金 振込手数料

仮想通貨預入送付手数料

Taker 手数料 Maker 手数料
無料 無料

コインチェックの5つのセキュリティ

  • 顧客資産分別管理
  • SMS・デバイス二段階認証
  • SSL暗号化
  • IDセルフィー
  • コールドウォレット

ハッキング事件を直に受けたことによって、セキュリティ面は他の取引所よりもさらに強化されていることは期待できます。

親会社のマネックスグループ株式会社は、金融会社なので、セキュリティが十分に充実していると言えます。

そのほか、セキュリティについては下記の記事で詳しく説明しています。

コインチェックのたった4ステップの口座開設方法

国内の取引所の中でも、口座開設はスムーズに済み、10分ほどで最初の手続きは簡単に終わります。

  1. メールアドレス&パスワードの設定(Facebookから登録も可能)
  2. 本人確認書類のアップロード
  3. 数時間〜1日ほどで入金可能
  4. 2〜4日後にハガキ到着、出金可能

準備するものは「スマホ」あるいは「PC」身分証明書の2つです。

コインチェックの無料口座開設

コインチェックの4つの入金方法

コインチェックには特徴でも紹介した通り、クレジットカードでの入金が可能です。

  • 銀行振込
  • コンビニ入金
  • クイック入金
  • クレジットカード

手数料かけたくない方は、各銀行の振込手数料だけの銀行振込がオススメです。

入金に時間をかけたくない、早く仮想通貨の資金を入れたい、スムーズな取引がしたい方は、近くにあるコンビニで入金か、Pay-easyを利用したクイック入金、クレジットカード入金がオススメです。

ここにボックスタイトルを入力

現在(2018/11/26)銀行振込のみの入金しかできないので、再開するのを待つ必要があります。

コインチェックは10/30より新規口座開設の再開!

コインチェックは、2018年1月26日の仮想通貨NEMの流出事件を受け、新規口座開設を停止していました。

しかし、同年10月30日に新規口座開設を再開しました。

仮想通貨取引所のコインチェック(Coincheck)は30日、新規口座開設と一部仮想通貨の入金・購入の再開を発表した。コインチェックでは1月末に発生した不正流出事件を受け、長期にわたって新規口座開設は停止していた。4月にマネックスグループの傘下となり、経営体制の再建に取り組んできていた。大手取引所であるビットフライヤーやZaifが新規口座開設を停止している状況の中で、コインチェックの口座開設再開は、日本の仮想通貨市場にとってポジティブなニュースとなりそうだ。

従業員を70名から250名に拡大したことで、内部での管理を強化するとともに、セキュリティがより強化されることになりました。

コインチェックを実際に利用した人のリアルな口コミ・評判

コインチェックは手数料(スプレット)が高いので回転に向いてない

bitbankが手数料無料なのでオススメですよ。

コインチェックは手数料(スプレット)が高いので回転に向いてないだけで、そんなに悪くないですけどね。
今はコインチェックって購入出来ないのでしたか?

[yswp_speech_balloon type=”r” name=”ライドくん” image=”https://bitcoin-ride.com/wp-content/uploads/2018/09/Y.jpg”]ここからはTwitterの評判をみていくよ [/yswp_speech_balloon]

 

ここにボックスタイトルを入力
  • スプレットが高いので回転に向いてない。
  • ファクトム(FCT)がダークホースコインだから面白い。
  • コインチェック内だけで価格が跳ね上がることがあり。
  • コインチェックのアプリ見やすい。

コインチェックの無料口座開設

コインチェックの今後・将来性

コインチェックの立場は未だ「みなし業者」に属します。

金融庁から仮想通貨交換業者として正式なライセンスの取得はまだなので、完全には復活したわけではありません。

今後は、金融庁からの交換業登録が大きな信頼性を勝ち取るポイントになるでしょう。

マネックスの松本CEOは29日の決算説明会の中で、セキュリティー・トークン・オファリング(STO)やイニシャル・コイン・オファリング(ICO)といった分野についても、将来的に取り組む考えを示していた。こういった新しい取り組みは「取引所が動き出して安定すれば、エンジニアを新しいサービス開発に向けられる」 としている。

過去に国内最大の取引所だった経歴もあるため、セキュリティ面の見直しから、安心安全の取引所になるのは時間の問題でしょう。

まとめ:coincheck(コインチェック)

コインチェックは、スプレッドが高いですが、アプリが分かりやすく、クレジットカード払いにも対応しているので利用するメリットはたくさんあります。

事実、ハッキング前の仮想通貨ブームの際、コインチェックを利用しているユーザーが1番多いこともあり、未だ多くの人が復帰を待ち望んでいました。

取引には最低3つの取引所に登録することを推奨していますが、初めて仮想通貨取引をするという方は、コインチェックを利用しても迷わず操作できるので失敗はないでしょう。

コインチェックの無料口座開設

ABOUT ME
あいと。
Webデザインの専門学生。「何にも縛られない自由な暮らし」を求め、アフィリエイトやWEBデザイン、マインドについての情報を発信。