基礎知識

サルでもわかる!仮想通貨取引の『取引所』と『販売所』の違いは?

販売所と取引所の違い

[yswp_speech_balloon type=”r” name=”ライドくん” image=”https://bitcoin-ride.com/wp-content/uploads/2018/09/Y.jpg”]取引所と販売所の違いって何?[/yswp_speech_balloon]

[yswp_speech_balloon type=”l” name=”ビットさん” image=”https://bitcoin-ride.com/wp-content/uploads/2018/09/A.jpg”]簡単にいうと、取引所と販売所の違いは仮想通貨を売買する「購入先」じゃ![/yswp_speech_balloon]

仮想通貨取引を行う際には、「取引所に登録」というように紹介されますが、調べていくと「販売所」というワードが出てきます。

一括りでZaifやGMOコイン、bitFlyerのことを「取引所」と呼んでいますが、実は、『仮想通貨交換業者』と呼びます。

仮想通貨交換業者とは、販売所と取引所の両方、もしくは販売所と取引所のどちらか一つのサービスを提供している会社のことを指します。

仮想通貨交換業者→仮想通貨取引所→取引所

という風に略されて使用されるようになったのが定着したため、販売所との違いが分からなくなっています。

当記事では、取引所と販売所の違いを誰でも(サルでも)分かるように簡単に説明しているので、ぜひ参考にしてください。

取引所と販売所の違いを一言で表すと「購入先」

取引所と販売所の違いを一言で表すと「購入先」です。

  • 販売所:仮想通貨交換業者(会社から)直接、売買します。
  • 取引所:仮想通貨を持っている個人間で売買します。

簡単に例えると、靴をABC-MART(会社)で買う場合が販売所、ヤフオクやメルカリ(個人)で買う場合が取引所という捉え方になります。

[yswp_speech_balloon type=”r” name=”ライドくん” image=”https://bitcoin-ride.com/wp-content/uploads/2018/09/Y.jpg”]取引って言われているけど、販売所でも取引しているから同じような意味なんだね。 [/yswp_speech_balloon]

取引所のメリットとデメリットは?

取引所のメリット

取引所の最大のメリットは、販売所に比べて手数料がダントツで安くなる点です。

大手の仮想通貨交換業者の販売所のスプレッド手数料は、約5%も取られてしまいます。

一方で、取引所では0.2%未満に抑えることだってあります。

そのほかにも取引所にはいくつかメリットがあります。

  • スプレッド手数料が安い。
  • 自分の決めた値段で購入出来る「指値注文」を選択できる。
  • そのタイミングで一番お得な価格で注文する「成行注文」を選択できる。

指値注文は、自分で決めた値段で売買できる方法です。

一方で、成行注文は、そのタイミングで一番安い、もしくは一番高い損をしない値段で売買してくれる方法です。

[yswp_speech_balloon type=”r” name=”ビットさん” image=”https://bitcoin-ride.com/wp-content/uploads/2018/09/A.jpg”]手数料が安いのが取引所での魅力じゃな。[/yswp_speech_balloon]

取引所のデメリット

一方で取引所のデメリットは以下の通りです。

  • 注文が失敗することがある。
  • 慣れない人にとってはややこしい。
  • 高値掴みするおそれがある。(成行注文時)
  • 銘柄数が少ない。

初心者にとって失敗は怖いものです。

取引所では個人間での仮想通貨の売買になるので、希望の値段で出してくれない時や先に他の人が希望の値段で売買し終わる場合があります。

少額の投資金額でしか取引ができない中で、失敗してしまうと「やっぱりダメだ」と諦めてしまう方が非常多いです。

また、価格が変動している中での成行注文は非常危険です。

値段を決めずに自動でそのタイミングで一番お得な売買は一見良さそうですが、価値が暴落した場合に大きな損失をもたらせます。

[yswp_speech_balloon type=”r” name=”ビットさん” image=”https://bitcoin-ride.com/wp-content/uploads/2018/09/A.jpg”]安易に取引していると痛い目に合うってことじゃ![/yswp_speech_balloon]

販売所のメリットとデメリットは?

販売所のメリット

販売所は手数料が高いから利用しない方が良いと言うわけではありません。

実際に、販売所にもいくつかのメリットがあります。

  • すぐに、確実に売買できる。
  • シンプルなやり取りなので操作ミスや勘違いも起こりにくい。
  • 初心者にもわかりやすい取引が可能。

価格変動や競争が激しい中で、取引所で売買ができない状態になり大きな損失をしてしまうリスクがあります。

その一方で、販売所では「仮想通貨の取引をすぐに、確実に売買できる。」点においては、良いタイミングで損失を防ぐことができます。

販売所のデメリット

販売所にも手数料以外にもデメリットは少しあります。

  • 手数料が高い
  • 販売所によって手数料が大きく異なる
  • スプレッド手数料がコロコロ変わる販売所が多い

スプレッド手数料がコロコロ変わると、先日は安く取引してたのに、今日になったらバカみたいに上がってたというケースもあります。

[yswp_speech_balloon type=”r” name=”ビットさん” image=”https://bitcoin-ride.com/wp-content/uploads/2018/09/A.jpg”]基本的には『販売所』は取引所に比べて手数料が高いが、すぐに確実に売買できるということを頭に入れておくべきじゃな。[/yswp_speech_balloon]

取引所と販売所はどっちがおすすめ?

では、仮想通貨の取引を行なったことがない初心者は「取引所」と「販売所」ではどっちがいいのでしょうか。

単刀直入にいうと、「販売所」がオススメです。

先ほどの「取引所」と「販売所」のメリット・デメリットを踏まえた上で、一番初心者が大切にすることがリスクを背負わないことです。

取引所ではデメリットでも話した通り、注文が失敗することがあり、高値掴みするおそれがある(成行注文時)ので、大きな損失をしてしまうリスクが高いです。

反対に、販売所では手数料は高くなってしまうものの、確実な仮想通貨の売買ができるので、取引に慣れる意味でも「販売所」がオススメになります。

[yswp_speech_balloon type=”r” name=”ビットさん” image=”https://bitcoin-ride.com/wp-content/uploads/2018/09/A.jpg”]もちろん多少慣れている人や、資産に余裕がある人は取引所からでも構わんぞ。[/yswp_speech_balloon]

ABOUT ME
あいと。
Webデザインの専門学生。「何にも縛られない自由な暮らし」を求め、アフィリエイトやWEBデザイン、マインドについての情報を発信。