逆指値注文

ここまで下がったら売りたい、ここまで上がったら買いたい、という通常の指値注文では実現できない逆の発想で発注する。逆指値注文は主に損失を限定するために用いられる注文方法です。